2030年01月05日

デイル・クレール師の予言の的中


s-s-IMGP2003 の補正.jpg



(一九一三年十一月)


こうして、デイル・クレール師のメッセージが行われ、無事に終わりました。その後、師はこう言われたのです、

「この中に、罪を持っている人がいます。その方は手を挙げて下さい。イエス・キリストにお願いして赦しを与えられましょう!」と。

全く驚いた事に、その声は、真っ直ぐに、まるで私を指して言っている様に聞こえて来るではありませんか!

そんな筈はない、だって、デイル・クレール師は私の正面ではなく、真横に座っておられます。

しかしそれなのに、確かに真っ直ぐに私の方に向かって聞こえて来るのです。おかしいと思いました。確かに私は罪人です。然し、私は教員なのです。殊に、今日の学生は、私が大学院の教師として教えている学生ばかりでしたから、手を挙げる訳に行かないのです。
 そのうち、二回目の言葉、お勧めがありました。私は手を挙げたい気持ちは山々なのです。でも、今回は、私は牧師の隣に座っている、いわば主催者ですからと、勝・閧ネ理屈を考えていました。
然し一方で、手を挙げないままこの会が終わってしまっては困るという気持ちが起こって来ました。そして次の瞬間、俯いていた私の心に、向かいの二人の学生が手を挙げるのが見えてしまったのです。そうして三回目のお勧めがあった時、私はとうとう手を挙げてしまったのです。
 ――この瞬間私は、心の奥底からこみ上げて来る怒濤の様な流れに、打ち勝てなくなってしまいました。立ってデイル・クレール師が祈って下さるうちに、涙が一杯頬を伝わって来ました。学生の前ですから、心はどんなにぼろぼろでも、姿だけでも毅然としていたかったのですが、ハンケチを使って泣いていたのです。私は鼻が悪いので、涙が出ると鼻水が出るのです。

 すべてが終わって私達が廊下に出た時、私は知りました。一人の黒人を含む五、六人の外国の人が、中でなされる説教者とそれを聴く人々のために、二時間もの長い間、外で立って祈っていてくれたのです! それらの人達は、終わるとともに、さっと合流して、薄暗い夕暮れの道を、まとまって帰って行きました。その後ろ姿を見送りながら、私は、強い感動に打たれていました。イエス様が来られた! はるばると。しかも大勢の天使の軍団を連れて(人間の罪の汚れを消すために)。こんな事って、本当にあったのですね。星薬科大学聖書研究会は、この日、神の軍団に守られていたのです。私は、次の日も、またその次の日も、またその次の日も、一日中、ジーンとした御霊の恵みに満たされていました。イエス様が天使を連れて来て下さって、そうして去って行かれた。御霊の賜物を残して。この時イエス様が言われたのです、これは二千年前の事ではない。私は今、信じるあなたとともにいるし、必要ならば天使を連れて、いつでもやって来るのであると。

 遠藤周作(カトリック信者)の有名な小説『影法師』に、掟を犯して糾弾され、日陰者の生活をするカトリック神父さんの悲しいうらぶれた物語があ・閧ワす。信仰者であるが故に、犯した罪の大きさが、より強く感じられるのでしょう。然し、そんな時、イエス・キリストは果たして、そのクリスチャンを救いに来られないでしょうか。いや、必ず来られると思うのです。その様な、キリストの出現は、時として、ダイナミックで奇跡に満ちた恵みとして、与えられます。

 年明けて正月(一九九四年一月四日)、

デイル・クレール先生から私のもとに、お手紙が届きました。その中に、「――私は、あなたがあなたの学校で、教師の立場によって、伝道につとめ、また一方クリスチャンとして、証しをされる様に祈っています。私は、神様の愛があなたの中にある事を認めます。そうして、あなたの学生が、あなたを大いに信頼し、かつ尊敬する事を知っています。この一九九四年に、あなたを、新しい素晴らしいダイナミックな方法で、主が用い続けられる様にと祈っています。神は賛美すべきかな!『イエス・キリストにあって、なし得ない事はない』(マタイ一七・二〇)」と書かれてありました。
 
デイル・クレール先生のこの文面を見た時、私は内心大変驚きました。先生がその書簡の中で、「信頼と尊敬」という二つの言葉を用いられていた、「何という事だ! これは数日前(つまり、デイル・クレール師がこの手紙を書かれたその時)に、実現していた!」のです。

最近新聞報道されている様に、大学教員再評価といって、文部省主導で、教員が学生からアンケートの形で評価される事になっていました。私はこの問題についての大学の実行委員でしたから、さっそく先ず自分自身について、学生による評価アンケートを取り終えた所でした。アンケートの項目は多くありましたが、その中で、「この先生の人柄(平等、正義、信頼)について尊敬と好意を持ちますか?」という項目について、九五パーセントの学生が・五段階評価で最高の評価五を記入してくれていたのでした。
愛の神様はおられます。


posted by galileejp at 10:35| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。