2019年01月01日

奇跡!四重衝突で無傷の恵み。

画像 449.jpg

一九九0年八月八日の事です。
近畿自動車道で、私は大きな運転のミスをして、私の車は大きなダンプカーに後ろから激突され、他の三台の車にかすりながら、くるくると木の葉の様に回転し、殆ど、後ろ半分が無くなる程の大事故となりました。

 私がかける運転席の頭部の布地も、(も信じられない程ですが衝撃ではがれ、露出した厚い十ミリもある堅い鋼鉄の板さえが、衝撃でひん曲がってしまっていたのです

  この、壊滅的な事故の中で、助手席の妻と、運転席の私の二人は、神様の不思議な御救いを体験しました。
  二人はすうっと天に上げられて、また静かに降ろされた様に、むち打ち一つなく、完全に無傷だったのです。またこの事故にまき込まれてしまった三台の車について、それらの誰一人も、ただ傷つかなかったばかりか、驚いてしまって、私のお詫びに、ただ、”私は良いのです。でも本当にあなたは大丈夫なのですか?”というばかりでした。
この事故の4日前、妻は聖書研究の日程を終えて、牧師に、”イエス様を信じますか?”と聴かれ、”はい信じます。”と応えたけれども、果たして?という状態でした。

  この事件に働かれた神様の助けにき感動して、妻はイエス様を信じたのでした。この写真のように無残に傷つかれたキリストを見て。そうして、洗礼を受けました。
?1989年9月390日妻啓子の受洗(背後に薄い光の輝き)496.jpg

愛の神様はおられます。


posted by galileejp at 20:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。